顧客(お客さま)本位の業務運営に関する方針 | キャピタル アセットマネジメント株式会社

顧客(お客さま)本位の業務運営に関する方針

キャピタル アセットマネジメント株式会社(以下、当社)は、「顧客(お客さま)本位の業務運営」を実現する為に下記方針を宣言致します。又、当該方針に係る取組み状況を定期的に公表致します。
より良い業務運営を実現する為に、当該方針の定期的な見直しを行います。

方針1:顧客(お客さま)の最善の利益を追求します

  1. 当社は、役職員の総意として「クレド(経営理念)」を制定し、行動指針としております。
  2. 当社は、「運用哲学」及び「運用方針」について表明しホームページに表示しています。
  3. 当社は、顧客(お客さま)の長期的な資産形成の目的の為に、ファンダメンタルズ重視の投資戦略に基づいた最善の運用成果を追求しており、その結果を毎年「投資信託の純資産総額加重平均利回り」を使用し評価しています。
  4. 当社は、新興国投資信託の運用収益向上とリスク軽減の為に、現地アドバイザーや調査会社を活用し、現地調査の強化を図り、最新情報を直接収集しており、かつレポートなどを通じ受益者への発信に努めています。
  5. 当社は、新興国投資信託においては現地の上場株式等に直接投資することで、運用の効率化と経費等の軽減を図っています。
  6. 当社は、収益分配金の決定および取扱いに関して、当該投資信託の期中収益による配当原資を基準とすることにしています。
  7. 当社は、中堅ながらもユニークで存在感ある会社となるべく、付加価値の高い商品を研究し、受益者の皆様の運用ニーズに応えるよう努めています。また、セミナー、勉強会、レポートなどタイムリーな発信を心がけています。
  8. 当社は、弊社商品をお取扱いする販売会社へのサポート、HPを通じての受益者への情報提供を行い、信頼される会社を目指すことが顧客基盤の安定につながると考えています。
  9. 当社は、顧客(お客さま)を第一と考えて、運用と品質管理の為に定例の重要会議を開催しています。運用商品における重要会議とは下記のとおりです。
    「投資政策委員会」「運用管理委員会」

方針2:顧客(お客さま)の視点に立って利益相反の適切な管理を行います

  1. 当社は、利益相反の可能性を判断するに当たって、コンプライアンス部門が、当社の「利益相反管理方針」で定めた具体的な判断基準に照らし合わせて、取引案件の公平性の確認と利益相反の適切な管理・強化を行っています。
  2. グループ内の販売会社も含め、情報提供や委託者報酬公表など、公平な行動をとっています。
  3. 当社は、議決権行使に関しては、受託者責任と投資先企業の付加価値向上の為に策定された「日本版スチュワードシップ・コードへの対応方針」及び「議決権行使方針」に基づいて行っています。
  4. 当社は、半年毎に開催している「ブローカー評価会議」での評価・決定に基づいて、有価証券を発注するブローカーを適切に決定し、執行しています。
  5. 当社は、有価証券の売買発注を「最良執行方針」に基づいて適正に行っています。

方針3:信託報酬等及びファンド諸費用等を顧客(お客さま)に解り易く説明します

  1. 当社は、ホームページ上で、信託報酬(運用に掛かる手数料)及び投資信託に掛かる諸費用等について、イメージ図を使用して、顧客(お客さま)へ分かりやすく説明しています。

方針4:顧客(お客さま)の視点に立って重要な情報を提供します

  1. 「重要な情報」には、投資信託の販売対象として想定する顧客属性、投資信託の運用実績や損失が生ずる可能性があるリスク、支払う必要がある費用、換金や解約する際の制限や不利益等を含みます。
  2. 当社は、ファンド・オブ・ファンズ等のパッケージ商品を組成する場合、個別購入の可否やパッケージ化のメリット・デメリット等の情報を、販売会社を通じて顧客(お客さま)に提供いたします。
  3. 当社は、常に“お客さま目線”に則った情報提供を行います。その為に、2020年5月よりホームページの刷新による情報開示の拡充と明瞭化を図っています。
  4. 当社は、顧客(お客さま)が他の同種の商品の内容と比較することが容易となるように配慮した資料「重要情報シート」等において、上記の「重要な情報」について、分かりやすい情報を、販売会社を通じて顧客(お客さま)に提供いたします。
  5. 当社は、運用に関する顧客(お客さま)からの評価、要望、意見等を収集することで、今後の品質・サービスの改善・向上に活用いたします。
  6. 当社は、顧客(お客さま)に対して提供する「重要な情報」の内、特に注意すべき重要な情報がある場合、強調して説明し、注意を促します。

方針5:顧客(お客さま)にふさわしいサービスの提供を行います

  1. 当社は、販売会社と緊密にコミュニケーションを図ることにより、顧客(お客さま)の投資ニーズを把握し、持続性のある運用商品の新規組成を図っています。組成後は、顧客(お客さま)に、該当投資信託に関する長期的な視点からの経済・市場動向の情報等を継続的に提供いたします。
  2. 当社の投資信託の顧客(お客さま)に対して、投資信託の運用報告会を定期的に開催し、投資信託の運用状況についての理解を深めて頂きます。
  3. 当社は、パッケージ商品を組成する場合、当該パッケージ全体の特性や想定する顧客属性等の情報を重要情報シート等を通じて提供し、販売会社がそれに沿って顧客(お客さま)に販売できるようにいたします。
  4. 当社は、投資信託等の金融商品の組成に当たり、商品の特性を踏まえて、想定する顧客属性を「重要情報シート」等を通じて公表し、販売会社がそれに沿って販売できるようにいたします。
  5. 当社は、複雑又はリスクの高い金融商品を組成する場合、想定する顧客属性を慎重に検討して決定いたします。
  6. 当社のHP上等で、当社主力投資信託の理解を深めていただくため、ベトナム経済・マーケット情報や世界ツーリズム業界の最新情報、ESG投資について等の分かりやすいレポートを随時提供いたします。

方針6:ガバナンス体制の整備と社員の意識向上を継続します

  1. 当社は、当該方針の実行状況を「経営会議」において定期的に検証し、「取締役会」に報告いたします。
  2. 当社は、当該方針を全役職員が真に理解して行動する為に、定期的な研修を行います。
  3. 役職員は能力・スキル向上等の為に外部研修等に参加し、投資信託の設定・運用や投資関連情報作成等に役立たせています。


顧客本位の業務運営の取り組み状況

令和3年07月29日 
顧客本位の業務運営の取り組み状況(2021年6月末基準)  

令和2年07月30日 
顧客本位の業務運営の取り組み状況(2020年6月末基準)  

令和元年07月30日 
顧客本位の業務運営の取り組み状況(2019年6月末基準)  

平成30年09月05日 
顧客本位の業務運営の取り組み状況(2018年6月末基準)