運用体制 | キャピタル アセットマネジメント株式会社

運用哲学

運用資産の長期的な成長を図る為に、成長トレンドにある国・市場・企業の発掘を心がけて、成長性と確実性を評価いたします。
成長を牽引しているマクロ要因や、ビジネスモデル、事業、製品などの個別企業の独自性と強みを分析して、その継続性を評価し長期投資いたします。
運用資産が安定的な利回りを確保する為には、相対的に高い利回りの投資対象を常時モニタリングするとともに、価格変動性、金利反騰の可能性、信用リスクの水準と変化などの投資リスクも同等に分析・考慮いたします。

運用方針

新興国の株式市場や上場企業は、流動性が乏しく情報開示が不十分であり、投資リスクが高いという側面があることは否めません。
新興国市場・企業に対する長年の運用実績、現地の企業に対する調査実績、当局・関係者との深いネットワークなどの強みと優位性を活用することで、運用パフォーマンスを長期的に確保致します。投資環境の不測の事態や低迷局面においても、リスク管理やパフォーマンス維持においても対処可能であると確信しています。

運用プロセス